6時間目「女子のオナニー」

sex1701a.jpg
注:登場人物は全て18歳以上の成人です。法令に違反する内容は一切含まれておりません。

博士:さて、次は彩香ちゃんの番じゃ。心の準備はできたかな?

彩香:・・・・・・。

博士:どうしたんじゃ。さあ、恥ずかしがっている時間はないと、何度も話したじゃろう。

彩香:あの・・・そうじゃなくて・・・わたし本当に、したことないんです・・・。

亮太:えっ!?村上さん、本当にオナニーしたことないの?

彩香:・・・うん。

博士:ふむぅ・・・。男子に比べて、女子のオナニー経験者が少ないのは確かじゃが・・・。そうか、困ったのぅ。

彩香:すみません、博士・・・。

博士:だがまあ、仕方あるまい。誰でも最初は初心者なんじゃ。ワシが指示をするから、その通りにオナニーをしてもらおう。

彩香:え…指示?

博士:そうじゃよ。ワシの言う通りにすれば大丈夫じゃ。せっかくの機会にオナニー初体験を済ませてしまおう。

彩香:・・・でも。

亮太:大丈夫だよ、頑張って村上さん!それに、僕だけ見せて終わったらズルいよ。

彩香:・・・分かりました。言われた通りにします・・・。

亮太:やった!

博士:ふむ。では・・・男子がオナニーする時には「オカズ」が必要じゃという話はしたな。

亮太:はい!さっきは、彩香ちゃんを使いました。

博士:女子がオナニーする際には、まあマンガや動画などの「オカズ」を使う者もおるが、ほとんどの場合は「妄想(もうそう)」だけで十分なんじゃよ。

亮太:「妄想」?

博士:うむ。好きな芸能人とセックスをしている自分。満員電車で身体をさわられている自分。クラスの男子たちの前で、裸にさせられている自分。そういった「妄想」を想いうかべるだけで、女子は興奮できるのじゃ。

亮太:すごい!考えるだけで興奮できるなんて、便利ですね!

博士:さて、彩香ちゃん。

彩香:は、はい。

博士:右手で、自分のおっぱいをゆっくりモミモミしてごらん。優しく、やわらかさを楽しむようにな。

彩香:・・・・・・。

博士:彩香ちゃん、今このスタジオには亮太くんも含めて10人近い男性スタッフがおるな。逆に女子は彩香ちゃんだけじゃ。

彩香:はい・・・。

博士:みんな、彩香ちゃんが自分の胸を揉(も)んでいるところを見ているぞ。

彩香:・・・・・・。

博士:このテキストが完成すれば、日本中の学校に配られる。同年代の男子たちが、みんな彩香ちゃんの裸を見ることになるな。

sex1702.jpg

彩香:・・・・・・。

博士:もちろん、真面目な目的で作られるテキストじゃが、中には不純(ふじゅん)な気持ちで彩香ちゃんを見る者もおるじゃろう。さきほどの亮太くんのように、「オカズ」にされることも・・・。

彩香:・・・そんな。

博士:全国の、会ったこともない何万人という男子たちが、彩香ちゃんを「オカズ」にしてオナニーするのじゃ。彩香ちゃんのおっぱいや、マンコを見ながらオチンチンをこすり、顔を見ながら射精するのじゃよ。

彩香:・・・・・・。

博士:そんな男子たちに「オカズ」に使われる気持ちはどうじゃ?たった1人で何万人もの男子射精させる気持ちは?

彩香:・・・は、恥ずかしい・・・です。博士・・・。

博士:うむ。十分に興奮してきたようじゃな。彩香ちゃん、「乳首」はどうなっているかな?

彩香:・・・固く・・・なってきました。

亮太:乳首が、固く?

博士:うむ、女子が興奮してくると男子のオチンチンのように「勃起(ぼっき)」するのじゃよ。女子の快感の4段階のうち「①興奮期」におこる現象じゃ。

亮太:「興奮期」・・・あ、前に勉強しました!

博士:それでは彩香ちゃん。その「勃起」した乳首を、人差し指でこすったり、親指と人差し指ではさんでコリコリしてごらん。

sex1703a.jpg

彩香:・・・・・・ん。

博士:目を閉じて想像してごらん。カメラの向こうで、何万人もの男子が自分を見ているのじゃ。乳首をいじっている姿を見られているのじゃぞ。

彩香:・・・ん・・・あ。

亮太:は、博士・・・。

博士:うむ。小さいが、「喘(あえ)ぎ声」が出はじめたな。感じている証拠じゃ。

彩香:・・・ん・・・んん。

博士:さて。「興奮期」の女子には、乳首が「勃起」する他に、もう1つの変化があらわれる。亮太くん、何だか覚えているかな?

亮太:え~と・・・濡(ぬ)れてくる?

博士:おお、素晴らしい。よく覚えていたな。そうじゃ、興奮してきた女子は、マンコの奥から「愛液」があふれてきて、「膣口」がヌルヌルになるのじゃ。

亮太:オチンチンを入れやすくするため、でしたよね。

博士:その通りじゃ。では、彩香ちゃんが「愛液」を出しているかどうか・・・亮太くん、確かめてくれるかな?

亮太:ぼ、僕がですか?

彩香:は、博士・・・それは・・・自分で・・・分かりますから・・・。

博士:いやいや。いくら自分で分かっても意味はない。これは性教育の一貫なのじゃからな。異性である男子に確認してもらわなけばならん。

彩香:そんな・・・。

博士:さあ、亮太くん。彩香ちゃんの前に行って・・・。彩香ちゃんは、自分でマンコを開いて亮太くんに見てもらうのじゃ。

亮太:はい!

彩香:そん・・・な・・・。

亮太:さあ、村上さん。開いて見せて!

彩香:こ、こう・・・?

亮太:全然見えないよ。もっと足を開いて・・・ほら、自分の指で開いて見せて?

彩香:こう・・・かな?(くぱぁ)・・・どう?ちゃんと・・・見える?

sex1704a.jpg

亮太:す、すごいよ村上さん・・・。透明なのがあふれてて・・・。洪水みたいになってる。

彩香:い、言わないで・・・。

亮太:だって、本当にすごいヌルヌルしてるよぉ?

彩香:・・・・・・。

博士:さあ、彩香ちゃん。人差し指と薬指でマンコの上の方をパカッと開いてな・・・。真ん中の中指の先に「愛液」をたっぷりとつけて・・・。

彩香:・・・ん。

博士:その中指で、クリトリスをこするのじゃ。

亮太:クリトリス?・・・え~っと、マンコの上の方にある小さい豆粒でしたね。

博士:うむ。女子にとって、最大の「性感帯」じゃ。さあ、彩香ちゃん。思い切りクリトリスをこすってごらん?

彩香:あっ!んんっ・・・。

亮太:おお!

彩香:ん・・・ん・・・・んっ・・・あっ・・・。

博士:亮太くんやスタッフたちに見られていることを想像しながらいじってごらん?みな、彩香ちゃんの指の動きに注目しておるぞ。

sex1705a.jpg

彩香:んっ・・・ん。

亮太:む、村上さん・・・声出てるよ・・・。気持ちいの?ねえ、ねえ?

彩香:き、気持ち・・・いいよ・・・んっ。

博士:ふむふむ。もう彩香ちゃんは、快感の4段階の2番目「②平頂期」に入っているようじゃな。大切なことじゃから、もう一度確認しておこうか。

sex1505.jpg

亮太:えっと・・・いま「平頂期」ってことは・・・。

博士:うむ。精液を受け入れるために、子宮が下に移動し(A)、子宮の入り口がパカッと開いておる(B)じゃろうな。
 
亮太:それから、精液をためるために膣の奥の方が広がって、逆に精液がこぼれないように入り口の方がギュってしまってる?

博士:そうじゃな。外見からでは分からんが。彩香ちゃんの身体の中では、そういった変化が起こっているわけじゃ。

亮太:女子の身体って、本当に不思議ですね・・・。

博士:うむ。「生理」の仕組みも含めて、女子の身体は赤ちゃんを産むために様々な工夫だされているわけじゃな。

亮太:男子なんて、勃起して射精すればいいんだから簡単ですね。あとは全部女子まかせで赤ちゃんを産んでくれる。

博士:そうじゃな。妊娠(にんしん)や出産(しゅっさん)は、女性にとってとても負担が大きい。

亮太:はい。女子は大変ですね。

博士:まあ、女子にくらべれば男子は気楽じゃな。しかしこれは、男子が望んでそうなったのではない。生まれつき、人間の男女の身体の仕組みとしてそうなっておるのじゃから、男子が非難されることではないぞ。

亮太:確かに、そうですね!

彩香:あっ・・・んっ・・・。んんっ・・・。

亮太:博士。村上さん、かなり声が出はじめました。

博士:うむ、かなり感じてきたようじゃのう。見てごらん亮太くん。中指と人差し指の先で、クリトリスを激しくこすっているじゃろう?

sex1706a.jpg

亮太:ほ、ほんとだ。激しいですね。

博士:うむ。クリトリスは、刺激を受けるとオチンチンのように勃起する。

亮太:え、クリトリスも勃起するんですか?

博士:そうじゃ。クリトリスが勃起すれば、もうまわりの皮をむかなくてもよいのじゃ。いま彩香ちゃんがやっている方法で十分に快感を得られようになるのじゃよ。

彩香:ん・・・。あっ・・・あ。んんっ・・・。

亮太:村上さん・・・すごい気持ちよさそう。ねえ、クリトリス気持ちいい?ねえ?

彩香:ん・・・うんっ・・・。あっ・・・。

博士:初めてのオナニーということで心配していたんじゃが、これだけ本気になっておるなら無事に「絶頂」までたどり着けそうじゃな。

亮太:快感の4段階の「③絶頂期」ですね?

博士:うむ。女子の場合、なかなか「絶頂」を迎えることのできない者も多いのじゃが・・・。彩香ちゃんはこのまま続ければイケるじかもしれん。

彩香:あ・・・。ん・・・。んんっ・・・。

亮太:僕、女の子がイクところなんて見たことありません。

博士:そうじゃろうな。それに、「射精」する男子の「絶頂」と違って、女子の「絶頂」はとても分かりずらい。基本的には、「膣」や「肛門」のまわりの筋肉が痙攣(けいれん)するだけじゃからな。

亮太:確か・・・0.8秒間隔で、ビクビクって。

博士:うむ。男子のオチンチンを締めつけ、「射精」させるための痙攣じゃ。よく見ておれば、「膣口」や「肛門」がヒクヒク動くのが見えるはずじゃ。

亮太:そ、そうなんだ・・・。僕もっと前は「男子が精子を出すみたいに、女子は卵子を出す」んだと思っていました。

博士:そういう勘違いをしている男子は多いようじゃな。いずれくわしく説明するが、女子の「潮(しお)吹き」という現象が、そういう勘違いの元になっておるのかもしれん。

彩香:は、博士・・・。もう、無理・・・です。もう・・・。

博士:どうしたんじゃ、何が無理なんじゃ?

彩香:お・・・しっこ・・・出ちゃいそ・・・あっ・・・だめ・・・。

亮太:は、博士!?

博士:ふむ・・・。女子が初めてオナニーをすると、「絶頂」と「排尿(はいにょう)」との区別がつかないことが多いのじゃ。感覚が似ているのじゃよ。

亮太:・・・ということは。

博士:うむ。彩香ちゃんは「絶頂」に近づいているのかもしれん。まあ、実際には勢いで本当に「排尿」してしまう者もいるのじゃが・・・。

彩香:博士・・・もう・・・で、出そうです・・・。

博士:大丈夫じゃ彩香ちゃん。そのままガマンしないで受け入れるのじゃ。もし漏(も)らしたりしても、誰も笑ったりせんから。

彩香:で、でも・・・。あっ!出る!出ます!あっ!出ちゃう!

sex1707.jpg

亮太:イケイケ!イッちゃえ、村上さん!

彩香:・・・・・・っ!!

sex1708.jpg

彩香:ふっ!んっ!んんっ!あ・・・。

亮太:おぉ~。

博士:おお、見事な「絶頂」じゃ。最初のオナニーでイケるとは、彩香ちゃんは素晴らしいセンスの持ち主じゃな。

彩香:はぁ・・・はぁ・・・。

亮太:村上さん、すごいね!おめでとう!

彩香:はぁ・・・はぁ・・・。

博士:快感が「射精」の一瞬で終わってしまう男子と違って、女子の快感はゆっくりとおさまっていく。これが快感の4段階の「④消退期」じゃ。

亮太:消退期?

博士:うむ。女子の絶頂時の快感は、男子の「射精」の10倍。それだけ強い快感が全身を襲ったのじゃから、そう簡単には消え去らないのじゃよ。

亮太:ということは、いま彩香ちゃんは・・・。

博士:うむ。絶頂後も続く余韻(よいん)を味わっているのじゃ。ちなみに、この状態でクリトリスをいじると、またすぐイッてしまうぞ。

sex1709.jpg

亮太:え!?連続で?

博士:女子は男子と違い2回でも3回でも、あるいは10回でも、連続でイクことができるのじゃ。しかも回を重ねるごとに快感は強まっていくのじゃ。

亮太:すごい・・・。

博士:ちなみに、女子の「絶頂」連続世界記録は、アメリカ人の女性で1時間に134回も連続でイッたそうじゃよ。

亮太:!?

博士:さて、彩香ちゃんはしばらくあのままにしておいて。今回の講義はこれで終わりにしよう。

亮太:ありがとうございました!

Comments 2

のぶ

感想

楽しく拝見しました。
彩香ちゃんの内面的な変化が分かるといいなぁと思いました。今後の投稿に期待してます。
以前Twitterに投稿していた中の人のオナニー体験記の続きが気になっています。投稿する予定はありますか?

2018-04-15 (Sun) 08:02 | 編集 | 返信 |   

中の人(なかのひと)

No title

>のぶ様

コメントありがとうございます!
彩香ちゃんの内心を描くことについてですが、あくまでもテキスト風シチュエーションということで、あえて省いてあります。
お互いの心の中まで表現してしまっては、よくあるエロストーリーになってしまう気がして。
心理描写もなく、ただの道具のように扱われている彩香ちゃんに萌えていただけるとありがたいのですがー。

以前Twitterで公開していた私自身の告白シリーズについては、登場人物の年齢が幼すぎる等いろいろとご意見をいただいたため、お蔵入りとさせていただきました。

貴重なご意見ありがとうございます。
これからも応援よろしくお願いいたします。

2018-04-15 (Sun) 11:11 | 編集 | 返信 |   

Leave a reply